低GI食品を活用するコツ

低GI食品とは、血糖値の吸収を緩やかにすることができる食品です。摂取することで、血糖値が緩やかに吸収されるため、脂肪を作り出すのを抑える働きがある食品とされています。

 

低GI食品は太りにくい体にするだけではなく、お腹が空きにくい状態を作り出してくれたり、便秘の改善にもつながるとされています。また、インスリンの急激な増加を防ぐため、食後に眠くなりにくいとされています。

 

低GIを利用したレシピは、つまりダイエットレシピとなりますので、食品のGIの数値を知っておくと良いでしょう。

 

ダイエットレシピに活用できそうな低GI食品としては、蕎麦、ヨーグルト、春雨、オールブランなどがあります。

 

おやつで考えるなら、バナナやリンゴなどが低GI食品ですので、焼きりんごなどを作ってみるのも良いでしょう。

 

その他にも様々な低GI食品があります。

 

例えば、米であれば、白米よりも玄米の方がGI指数が低くなります。また、パンであれば、食パンよりもベーグルの方がGI指数が低くなりますので、これらを頭に入れて、低GI食品を活用したダイエットレシピを考えてみましょう。

 

なお、低GI食品を取り入れたダイエットの場合には、食べる順番が重要です。

 

まずは乳製品、次に野菜類、そして肉類を食べた後、最後に炭水化物系となっています。

 

インスリンを上げやすいとされている炭水化物を最後に持ってくることで、すでにお腹が満たされていますから、食べ過ぎてしまうことがありません。

 

関連ページ

ダイエットレシピのメリット
ダイエットレシピにするメリットについてご紹介します。
ダイエットレシピのデメリット
ダイエットレシピにするデメリットについてご紹介します。
ダイエットレシピで人気が高いレシピ
ダイエットレシピの中でも人気が高いレシピとはどんなものでしょう?自分以外の人がどんなものを食べてダイエットしているのか気になる方は必見です。
ダイエットレシピでデトックス
ダイエットレシピでデトックスを高めましょう。
忙しい時に作るダイエットレシピ
忙しい時に作れるダイエットレシピ
料理が苦手でも作れるダイエットレシピ
料理が苦手でも作れるダイエットレシピ